ニュースリリース

DATE:2013/08/30

リアルタイム画質改善ユニットを発売します。

2013年08月30日
株式会社ジーニック(滋賀県大津市、代表取締役 久野啓祐 電話 077-526-2101)は、同社の『ForteVision』を搭載したリアルタイム画質改善ユニット「FV-2000NT / FV-2000PL」を8月30日に発売します。

【コンセプト】
近年、ますますその重要性を増している街角の防犯カメラや大規模施設監視システムで 撮影される動画像。その外光環境は必ずしも常に理想的とはいえず、低照度や逆光、 あるいは霧やモヤなどで視認性が落ちてしまうケースが発生しています。

こうした状況に対し、各種補正機能を内蔵したビデオカメラも徐々に普及しつつあります。しかしながら、カメラ内蔵のこうした機能は、一般にそのときどきの 外光環境に合わせて適切に調整を行う必要があります。これは監視担当の方の負担になるだけでなく、録画による無人監視では機動的な調整自体がほぼ不可能です。

FV-2000NT / FV-2000PL はこのような監視システムの問題点を解決するために、 当社の画像鮮明化技術『ForteVision』を手軽に導入できることを企図して開発しました。FV-2000NT / FV-2000PL は面倒な調整操作を必要とせず、 いったん設置すれば 24時間 365日、常時適切に鮮明化された画像をお届けします。

FV-2000 シリーズは 2 機種のラインナップで、FV-2000NT は NTSC 規格のアナログビデオ信号、FV-2000PL は PAL 規格のアナログビデオ信号に対応します。

【特長】
・低照度や逆光、霧・モヤといった種々の外光条件に自動適応
・低輝度部のノイズを低減するためのノイズフィルタ内蔵
・スイッチャー等で4分割された入力画像にも対応
・電源オフ時原画像出力機能
・シリアル通信(RS-232C)によるリモート制御機能

【用途】
・セキュリティ関連:大型施設・設備での周辺監視
・マシンビジョン :表面検査・欠陥検査装置の不具合検出率向上、溶接装置の視野向上
・防災      :河川・道路監視カメラの品質向上、災害現場での視野向上
・環境      :水質汚濁監視の品質向上
・交通      :白線及び歩行者検知、車番認識システムの品質向上



【販売目標】
ピーク時において500台/年間の販売を見込んでいます。

詳しくはホームページ製品案内をご覧ください。
http://www.zenic.co.jp/products/fortevision/unit/fv2000ntpl.php


【お問い合わせ先】
株式会社ジーニック       電話:077-526-2101 / e-mail: sales@zenic.co.jp

ニュースリリース一覧