ニュースリリース

DATE:2013/10/31

デジタル対応版リアルタイム画像鮮明化ユニットの最上位機種を発売します。

株式会社ジーニック(滋賀県大津市、代表取締役 久野啓祐)は、同社のリアルタイム画像鮮明化技術「ForteVision」を組み込んだデジタル信号(HD-SDI)対応で音声信号入出力にも対応した画像鮮明化ユニットの最上位機種、FV-3010HS(参考価格\2.500.000-(税別))を10月31日に発売します。

【開発の背景と機能紹介】
地域防犯意識の高まり、重要施設のセキュリティニーズの高度化、犯罪捜査における監視画像の有用性の認知、昨今、監視カメラ画像に対する品質の向上要求はどんどん強まっています。
しかし、一方、カメラ自体の性能アップでは対処しきれない、あるいは、カメラの細かな画質調整機能をその時々の撮影画像に合わせて最適に調整するのは困難なケースも増えています。

FV-3010HS はカメラの画像出力を接続するだけで、複雑なパラメータ調整の必要なく、あらゆる
見えにくい画像をリアルタイムで鮮明化します。低照度、逆光、霧モヤ等種々の画質低下要因に自動で対応、水質汚濁監視、大型施設・設備の周辺監視、道路監視、災害現場確認など様々な監視ニーズへの応用が可能です。

また本機は監視システムだけでなく、放送用途でもお使いいただけます。低照度画像はもちろん、
空撮ヘリによる高空からの撮影で白っぽくモヤがかかったような画像をしゃっきりとメリハリのついた画像に改善します。さらに放送用途では必須な SDI 規格のエンベデッドオーディオ(8ch)信号の伝送にも対応しています。

シャーシコンストラクションは 1U のラックマウントタイプを採用し、EIA規格の19インチラックに
すっきり設置することが可能です。

ForteVision 画像鮮明化シリーズとして、他に同じく SDI 規格に対応したコンパクトシャーシ採用の
FV-3000HS、アナログ入出力(NTSC/PAL)に対応した FV-2000NT/PL 等多様なニーズに対応できるラインナップを取り揃えております。

【特徴】
・HD-SDI信号(1080/60i及び30p[ソフトウェア切替])対応
・霧・モヤ、逆光や低照度といった種々の外光条件に自動適応
・低輝度部のノイズを低減するためのノイズフィルタ内蔵
・電源オフ時原画像出力機能
・エンベデッドオーディオ(8ch.)対応
・USBインタフェース(仮想COM)によるリモート制御機能

【主な市場ターゲット】
高度監視システム市場
放送業界など

【販売目標】
ピーク時において500台/年間の販売を見込んでいます。
<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ジーニック 松岡(まつおか)
Tel:077-526-2101

ニュースリリース一覧