ニュースリリース

DATE:2013/09/30

デジタル対応版リアルタイム画像鮮明化ユニットを発売します。

株式会社ジーニック(滋賀県大津市、代表取締役 久野啓祐)は、同社のリアルタイム画像鮮明化技術「ForteVision」を組み込んだデジタル信号(HD-SDI)対応の画像鮮明化ユニットFV-3000HS(参考価格\2.000.000-(税別))を9月30日に発売します。

【開発の背景と機能紹介】
水質汚濁監視、大型施設・設備の周辺監視、道路監視、災害現場確認など高度な監視システムでは外光条件が霧・逆光・夜間といった不安定な環境でも視認性が良い動画像撮影が求められます。
本製品は撮影した低コントラストの動画像を鮮明化し、対象物の視認性を向上する画像処理ユニットです。様々な要因で視認性の落ちた映像をモード切り替えなしに、リアルタイムで人の目にやさしく鮮明化します。山間部や洋上で霧発生時の監視時に対象物・捜索物の視認性が向上します。また逆光・夜間での人や物の認識、侵入者の監視等で早期発見に寄与します。テレビモニターの前段に接続して使用出来ますので既存の監視システムでも直ぐに導入することが出来ます。またHD-SDI(1080/60i)に対応していますので放送設備等でも幅広く使用できます。
この他アナログ入出力(NTSC/PAL)に対応した製品ラインナップも揃えています。

【特徴】
・HD-SDI信号(1080/60i)対応
・霧・モヤ、逆光や低照度といった種々の外光条件に自動適応
・低輝度部のノイズを低減するためのノイズフィルタ内蔵
・電源オフ時原画像出力機能
・映像信号のみ対応
・USBインタフェース(仮想COM)によるリモート制御機能

【主な市場ターゲット】
高度監視システム市場
放送業界など

【販売目標】
ピーク時において500台/年間の販売を見込んでいます。
<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ジーニック 松岡(まつおか)
Tel:077-526-2101

ニュースリリース一覧